歯科医の日誌

~矯正治療の無料相談のお知らせ~

2021.7.19

最近コロナの影響でストレスが異常に溜まり、歯ぎしりが強くなり歯が悪くなる人を多く診ています。

特に嚙み合わせが悪い人が多いので、水曜日と日曜日、祝日の診療が休みの日に矯正治療の無料相談を行っています。

完全予約制で、日時と時間は来院される方に合わせるようにしていますので、前日までにさくら歯科クリニックにお電話いただけましたら、対応させていただきます。

歯並びが気になりましたら、まずはお気軽にご相談ください。お待ちしております。

 

CATEGORY : 歯の矯正について 

幸せは思わぬところからやって来る!

診療中のある日、女性の営業マンが飛び込みで来られました。普通はお断りするところですが、手が空いていたのでお話しを聞くことにしました。

ガス会社の方で、最近電力会社も立ち上げ地元の住民が東京や大阪の安い電力会社に依頼しているため税金がどんどん都会に流れ、地元の財政が苦しくコロナの助成金などが少ないそうです。その事を防ぐために立ち上げたそうで、すごく共感できましたので、その会社に切り替える事にしました。

1週間後来てもらい過去1年間の使用量を比較してみますと、なんと今の会社より年間6万円安くなるようです。

少々高くても切り替えるつもりでしたのですぐ契約をしました。

契約後雑談をしていましたら、前回の私の対応が嬉しかったそうで会社に返って同僚に話しをしたそうです。

たまたま聞いた同僚は、最近歯科医院で歯のメンテナンスをしてないので近々どこかに行こうかと思っていて、予約表を確認しましたらすでに2日後に予約が入っていました。

一期一会ではないですが、たまたま出会いきちんと対応した事で電気代も安くなり、患者さんも紹介していただき、幸せのらせん階段はどんどん続くようですね。

 

 

 

CATEGORY : 感動秘話 

私の師匠となった患者さんたち!

2021.7.18

歯医者になって約30年になりますが、思い出深い患者さんが数人おられます。

その中でも強烈に覚えている3人を書かせていただきます。

1人目は、80代の総入れ歯の女性の患者さんです。「右下の糸切り歯が1本だけ残っていて何でも食べれていたのに、勝手に抜かれて何も食べれなくなった」というのが口癖でした。

レントゲンを見ると恐らくかなりグラグラしていた歯で、嚙むと痛みが出そうなので抜いて入れ歯を作る方が患者さんのためだと歯科医が判断し、抜歯したと思われます。

私が思うに「歯がある事が人としての尊厳であり、勝手に抜かれて奪われた事がショックである」ように感じました。それ以来患者さんの歯を抜く時は必ず納得しているか聞くようにしていますし、患者さんが迷う時は、抜けるまで待つようにしています。

2人目は、60代の感じの良い入れ歯の患者さんです。人が良さそうな患者さんだったので話しが盛り上がり患者さんの要望をできる限り取り入れることにしました。

不思議とスムーズに進み、入れ歯の嚙み合わせを全く調整することなく何でも食べることができました。その時患者さんに「前の歯医者は、話しが嚙み合わないから入れ歯も嚙み合わなかったが先生は、話しが嚙み合うから入れ歯も嚙み合う」と言われました。

上手いこと言うなと思いましたが、それ以来できる限り患者さんとは会話を大切にするようにしています。

3人目は、70代の女性の入れ歯の患者さんです。3世代で住んでいて、毎日お孫さんがお菓子をくれるそうです。入れ歯の調子が悪く食べれないので、毎回もらってはこっそりと捨てているそうでそれが辛いので、早く入れ歯で食べれるようにしてほしいとのことでした。

私もばあちゃん子だったので、恩返しのつもりでいつも以上に頑張りました。気持ちは伝わるようで、最短で何でも食べれるようになり、患者さんから「何でも食べれるので、自分から孫にお菓子をねだるようになり家庭円満になりました」と言っていただきました。

入れ歯治療は、状況によっていろんなドラマが生まれますね。

 

 

CATEGORY : 入れ歯について 

好きでなったわけじゃない!

2021.7.17

人は日常ストレスが溜まると歯ぎしりすることでストレス発散します。この時歯と歯がぶつかり合いかけて虫歯になり歯を失うパターンと歯がぐらついて歯槽膿漏になって歯が抜けるパターンの2種類あります。

以前世界的に大きな会社の近くで開業していまして、実感したことがあります。会社のお金を何十億動かし自分のスケジュールが忙しすぎて秘書さんが管理している方を何人かみましたが、ストレスが異常なためほとんどの患者さんが歯槽膿漏で歯を失うパターンでした。

その患者さんには「会社のために必死で働いた結果入れ歯になってしまったので、私が責任を持って食べれる入れ歯をお作りします」とお話しすると涙ぐむ患者さんもおられました。

入れ歯と言ってもいろんな事情があるので、その時に誠心誠意尽くすことが大切な気がします。

 

CATEGORY : 入れ歯について 

歯並びと入れ歯の関係

皆さん、8020運動をご存知でしょうか。80歳で20本以上の歯を残しましょうということです。

習っている教授のデータによりますと、8020を達成した方の嚙み合わせをチェックしましたらなんと出っ歯や受け口、顎が曲がっているなど一般の人が見て嚙み合わせがおかしいと思うような人はほとんどいなかったそうです。私の患者さんで8020達成した患者さんの嚙み合わせをチェックしましたら、ほとんどの患者さんが嚙み合わせはきれいでした。

ここからは私の考察ですが、嚙み合わせが悪い人は途中で歯が抜けてしまい「入れ歯」になっているのではと思います。いかがでしょうか。

CATEGORY : 入れ歯について 

歯並びと体調のバランス

私の習っている教授の研究によりますと、嚙み合わせが良い人ほど脳に嫌な刺激がいかないので心が穏やかで、嚙み合わせが悪い人ほど脳に嫌な刺激がいくので、精神的に不安定だそうです。

実際に鬱や肩こり、偏頭痛などの症状があり心療内科に通っている患者さんの嚙み合わせを直したら、ほとんどの患者さんの症状が無くなったそうです。

歯の矯正治療は、見た目重視なところがありますが、私たちは患者さんが残り人生を快適に過ごせるようにサポートすることに喜びを感じます。

CATEGORY : 歯の矯正について 

4番目の歯を抜かない矯正治療

一般的な矯正治療は、4番目の歯を抜くことからスタートしますが、私の習っている教授は抜かない治療法を行っています。その理由が2つあります。

まず下顎が奥にずれるのを防ぐのは、4番目の歯がしっかり嚙み合わさってストッパーの役割をしているそうで、抜くと顎間節症になりやすくなります。

さらに上下の歯並びのアーチが狭くなるため、舌の安定感がなくなり精神的に不安定になりやすいようです。

治療法はいろんなやり方がありますが、歯並びでお困りの方がおられましたら、1度ご相談ください。

相談料はいただきませんので、お気軽にお問い合わせください。

 

CATEGORY : 歯の矯正について 

入れ歯(義歯)について

皆さん「義手」や「義足」をご存知でしょうか。「義手」は手の代わりで、「義足」は足の代わりでその人にとって大変大切なものですよね。

入れ歯は専門用語で「義歯」と言い、私は「義手」や「義足」と同じように大切なものだと思っていますが、なぜか物作りのようになっています。私は母子家庭で育ち、大学まで祖母に学費を出してもらいました。

祖母が総入れ歯で困っていたので、39歳の時40代1つ何か極めようと思い、日本一入れ歯の上手な師匠に10年間弟子入りしました。師匠にも認めてもらい趣味は「入れ歯作り」といえるまで楽しくなりました。

祖母は95歳で亡くなり、まだまだ「ばあちゃん孝行」はできていないので、目の前の入れ歯の患者さんに全身全霊尽くすことが恩返しだと思っています。

入れ歯で困っている方がおられましたら、心を込め、魂を込めて入れ歯作りに励んでいますので、1度来院されてみてはいかがでしょうか。

 

 

CATEGORY : 入れ歯について 

「ありがとサンキュウベリマッチ」

2012.2.17

信念を持ってやり続けるということ