歯科医の日誌

コロナ禍の影響!

2021.8.19

今朝ラジオを聞いていましたら、コロナ禍で影響を受けている業種の話しがされていて私の感覚では飲食店がかなりダメージを受けている印象があります。ところが最近はランチのテイクアウトの需要が増え続け、売り上げは少しずつ取り戻しているようです。意外だったのがブライダル業界で去年1年で約1兆円の損失があり、27万組のカップルが結婚式を延期したそうで結婚式場だけでなく花屋さん、衣装屋さんなどブライダルにかかわる多くの人たちが大変なようで約8割の会社が倒産したそうです。

私は、日頃からいろんな仕事をしている患者さんを診ているので、世の中の状況をできるだけ確実に把握し、患者さんの気持ちに寄り添えるよう心配りをしていくことは、特に今の時期は大切だと思います。

一流は素晴らしい!

2021.8.18

東京オリンピックの陸上・女子やり投げで銀メダルを獲得したポーランドの「アンドレイチェク選手」をご存知でしょうか。ポーランドの男の子ミロシュケくんが、米国で心臓の手術を待っており、手術費用が必要な子供のためにメダルをオークションに出品しました。25歳のアンドレイチェクは「メダルの真の価値は常に心に留まります。メダルはただの物質でしかありませんが、他の人にとって時に素晴らしい価値を持ちます。この銀はクローゼットでほこりを被る代わりに、人の命を助けられるんです。だから病気の子どもを助けるためにオークションに出そうと決断したのです」と言っています。一流の人は、まず心が本当に優しいから周りの人のサポートを得ることができ結果を残せるような気がします。

さらに素晴らしいのがポーランドの大手コンビニエンスストアの「Zabka」がこの話を聞き、落札した上で「アンドレイチェク選手」に銀メダルを返してあげ、足りない手術代を全額負担したそうです。本当に人のために純粋に動くと必ず賛同する人が現れ、物事は成就するような気がします。私も毎日診療を通して患者さんに恩返しをしたいと思います。

CATEGORY : 感動秘話 

いつまでも情熱を持って!

2021.8.17

6月下旬に2人の師匠に出会いまして、7月から本気で新規開業の気持ちで毎日を完全燃焼できるよう心掛けて診療に臨んでいます。やる気は不思議と患者さんに伝わるようで、特に小児の矯正治療の患者さんが増えています。最近は矯正治療に力を入れていますが、歯並びが悪い患者さんを治療していますと「小さい時に悪くならないように出来なかったのか」という疑問が湧いてきます。小児矯正治療も悪くなった後の治療法はありますが、悪くならないようにする方法はありません。

了承していただける患者さんには、永久歯が生えだしてくるときから歯並びが悪い歯の1本ずつを丁寧に元の位置に戻してあげる方がいいような気がしています。特に小児矯正の方法は、もっと子供たちにとって負担の少ない治療法がないか毎日真剣に考え抜いていきたいと思います。

CATEGORY : 歯の矯正について 

家族って奇跡ですね!

2021.8.16

13日から15日までお盆休みにしていましたが、私は午前中は患者さんに治療計画の説明、午後からは歯の矯正治療のワイヤー曲げを行っていました。娘と妻は、毎日二人で夏休みの自由研究を協力しながら行いかなりハードな日々を送っていました。15日も夕方になりさすがに家族全員疲れが溜まってきたので、どこかに行こうということになりました。3連休全く遊んでいないので、気分転換に晩御飯はモスバーガーで買って伊予市の五色浜公園に行って食べることにしました。海岸沿いにビニールシートをしいて海を見ながら家族3人楽しく食事をしましたが、久しぶりの家族団らんの時間は本当にリフレッシュできました。

当たり前のことですが、自分の人生を振り返って妻と出会えたのも奇跡ですし、結婚12年目に子供を授かったので娘に出会えたのも奇跡です。何気ない日常は奇跡の連続の中で起こっていると思えば、1日1日を大切にし家族の時間を大事にしていきたいですし、娘の成長はどんどん早くなると思いますが、家族3人の思い出をたくさん作りたいと思います。

CATEGORY : 感動秘話 

今までありがとう!

2021.8.15

私は小学校2年生の時、北海道に住んでいる父親の親戚の家に1年位住んでいた事があります。その家の家族構成は、おじさん、おばさんと3姉妹の5人家族で1番下の女の子が私より1歳年上でよく喧嘩していたのを思い出します。母親のように接してくれたおばさんが今年の1月に亡くなり、コロナの影響でお葬式にも参加できず悔しい思いをしました。おばさんの初盆なので、皆さん元気か気になり連絡を取りました。近所でおばさんが可愛がっていた人でもお線香をあげに来ない人もいるようで、困った事が起きた時どのように対応するかでその人の人間性が分かるような気がします。

私が大学生時代北海道に遊びに行き、小学校時代のいろんな話を聞かせてもらったとき驚くような事実がありました。3姉妹が結婚してしまったら長谷川の苗字が無くなるので、私を養子にする話があったようです。おばさんが私の事を可愛がっていたのを3女が気に入らず無くなったそうで、もし養子になっていたら歯科医師ではなく北海道でキャラメルやチーズを作っていたかもしれません。人の出会いは不思議ですね。

私が歯科医師になれたのは、おばさんのおかげだと思っていますし、私は「長谷川家」の長男と思って生きていきます。今までありがとうございました。

感動をありがとう!

2021.8.14

8月11日に娘の発表会があり、2か月間必死に頑張っていたので、お疲れ様会という事で近所の美味しい鮮魚店からお寿司のテイクアウトをしました。コロナの影響でほとんど外食もできず、いつも回転寿司のテイクアウトをしていましたので、数日前から家族でかなり楽しみにしていました。昨日の夜家族3人でお店に取りに行き、食卓にサラダやお味噌汁などを並べ、真ん中にお寿司を置きいざ開けましたら宝石みたいなお寿司が並んでいました。1口食べましたら、声が出るほど美味しくて家族3人とも本当に幸せな気分になり、娘の楽しい慰労会になりました。本当のプロは人に幸せを分け与える事の出来る人だと思いました。

私は日頃から歯科医師として患者さんの口腔内を管理する立場で、どんなに美味しいものも口腔内がきちんとしていないと何も食べれません。歯科治療は最短で最速に終わらせ患者さんに美味しいものが何でも食べれる状態を常に維持できるように心を込めて取り組んでいきたいと思います。

CATEGORY : 感動秘話 

仲間の有難み!

2021.8.13

最近2人の経営コンサルタントの方に出会い、日々経営のいろんな悩みをサポートしてもらっています。昨日は夜8時からセミナーがありまして、5人参加で次から次へといろんな意見が飛び出し気が付いたら夜10時半になっていました。本気で自分の人生を考え、真剣にお互いを思いやる人たちと出会いますと、心から素敵な仲間に出会えた幸せを感じます。

これからも患者さんの良きパートナーになれるようにスキルと人格を高めていきたいと思います。

CATEGORY : 感動秘話 

申し訳ございません!

2021.8.12

昨日知り合いのイベントに参加しまして、このご時世なので、しっかりソーシャルディスタンスはとってあり目が悪いので、前の方の席に座りました。横には、白髪の男性と2歳位の女の子が座っていました。イベントが始まりしばらくは女の子は静かにしていましたが、途中から飽きてきたようで泣き出しまして男性は仕方なく抱っこして外へ出ました。イベントが休憩に入り外へ出ましたら、先程の二人がベンチで遊んでいました。女の子に近づき話しかけましたら、人懐っこい子で元気いっぱい一緒に遊んでくれました。

「お孫さんですか」と聞きましたら、笑顔で「娘です」と言われ年齢を聞きましたら、「50歳です」と答えられ、私は56歳でてっきり年上かと思っていたらなんと年下でした。よくある事ですよと笑顔でしたが、私も娘が小さい時幼稚園の参観日に同級生の男の子が娘に「おじいちゃんがきて良かったね」と言っているのを思い出しました。思い込みは怖いですね。

CATEGORY : 感動秘話 

家族愛の素晴らしさ!

2021.8.10

今回のオリンピックでは、兄妹や姉妹、幼なじみなど普段から仲の良い人たちが金メダルを獲得しました。伊藤美誠さんと水谷隼さんは卓球の新種目、混合ダブルスで日本卓球史上初の金メダルを獲得しました。水谷さんが通っていた卓球教室に伊藤さんは4歳の時に通い始め、いつのまにか 「12歳の差のある兄妹」のように仲良くなりました。伊藤さんは20歳、水谷さんは32歳という年齢で、伊藤さんはとにかく練習が大好きで、1日中練習をしても疲れないそうですが、水谷さんは体力的にはきつかったそうです。ただ伊藤さんに夢を叶えさせたいという一心で、伊藤さんの言うことには全て「yes」と言いきつい練習に耐え抜いたそうです。卓球の男女混合ダブルスは、気持を合わせるのがかなり大変な事ですが、水谷さんが完全に伊藤さんに従ったことが勝因のようです。

柔道の阿部兄妹やレスリングの川井姉妹は日頃からお互いに切磋琢磨して、同じ大会で金メダルを取るという快挙を達成しました。娘を持っている親としてご両親が子供さんと日頃どの様に接しているか1度聞いてみたいと思っています。

CATEGORY : 感動秘話 

お客様に感謝!

2021.8.9

昨日妻に買い物を頼まれ、閉店間際の百貨店の地下に行きました。いろんなお店に美味しそうな商品が並んでいて多くのお客さんでにぎあっていました。少し時間があったので、ゆっくりお店を見て回りましたら、不思議なことに気が付きました。閉店間際なので、売れ残っているともったいないので値段を半額まで落とす店もあれば、値段を全く変えない店がありました。私が利用しているお店は、美味しいので普段からお客さんも多く売れ残りもほとんどなく値段を変える事をしていませんでした。逆に売れ残っていて半額まで値段を落としているお店は、1度利用しましたが納得できる味ではなくそれ以来利用していませんし、お客さんも半額になるのを知っていてその時に購入する習慣がついているようでした。

お客さんを大切に考えていると本気で美味しい商品を作ろうと考えるだろうし、苦労して作った商品を簡単に値下げできないと思いますし、常連の立場からしても値下げはいい気分にならないので、真剣に仕事に取り組むことは大切だと思います。

私もこれを機に真剣に仕事に取り組み、一人でも多くの患者さんを幸せに出来るように頑張っていこうと思います。

CATEGORY : 感動秘話